ガス料金の仕組み

ガス料金はどうやって決まるの?

主な要因

  • 原料価格

  • 配送料

  • 月間(年間)ご使用量

  • 設備の充実度

  • 設備費用のお客様負担度

  • 設備点検などの保安に係る費用など

割引の対象は?

高性能機器(エネファーム・給湯器等)

暖房機器(ファンヒーター・床暖房等)

ご使用量の増加等

アフターサービスは?

無料サポートサービス ※このような場合に、原則無料になります。

●軽微な工事や、修理・故障時のサーンガス共和スタッフによる訪問対応
●緊急時の対応

例:コンロ・給湯器等の消耗部品をサーンガス共和スタッフにて交換する際の工事

※LPガスに関するものに限ります。また、部品代金等が別途発生する場合があります。

※特殊な工事や取扱説明書に基づかないご使用方法により機器が故障し、修理する場合等はこれに限りません。

主な料金メニュー

標準的なガス料金

「液化石油ガスの保安の確保及び取引の適正化に関する法律施行規則」第13条第5項に基づき、LPガス価格の算定方法、算定の基礎となる項目についての説明は以下のとおりです。

①一般家庭用料金

戸建住宅等の一般家庭のお客様に適用されます。

料金項目 料金(税抜) 項目の内容
基本料金 1,900円 容器・調整器・メータなどの設備費用や設備の維持管理、
点検・調査に係る費用などを基に計算され、
消費量の多少に関係なく固定的に発生します。
従量料金 0.1〜10.0㎥ 560円/㎥ LPガス原料価格や配送費用に基づき、
消費量に応じて計算されます。
10.1〜30.0㎥ 500円/㎥
30.1㎥〜 450円/㎥
  • 基本料金

    料金項目(税抜)
    1,900円
    項目の内容
    容器・調整器・メータなどの設備費用や設備の維持管理、点検・調査に係る費用などを基に計算され、消費量の多少に関係なく固定的に発生します。

  • 従量料金

    料金項目(税抜)
    0.1〜10.0㎥ → 560円/㎥
    10.1〜30.0㎥ → 500円/㎥
    30.1㎥〜 → 450円/㎥

    項目の内容
    容器・調整器・メータなどの設備費用や設備の維持管理、点検・調査に係る費用などを基に計算され、消費量の多少に関係なく固定的に発生します。

※サーンガス共和が所有・提供するガス機器等の消費設備や空調設備等の附帯設備・サービスがある場合、これらの設備・サービス利用料が料金に包括的(基本・従量料金)または個別的(従量料金のみ等)に含まれることがあります。

料金例:月間LPガス料金の算定方法(ご使用量10㎥の場合)

基本料金 従量料金 消費税(8%)
1,900円 560円×(10.0-0㎥)=
5,600円
600円
  • 基本料金
    1,900円
  • 従量料金
    560円×(10.1-0㎥)
    = 5,600円
  • 消費税(8%)
    600円

ガス料金

7,500円
[8,100円(税込)]

②集合住宅専用料金

アパート等の集合住宅にお住まいのお客様に適用されます。一般家庭用の標準的なガス料金より次の理由で割高になります。
・供給設備の大型化(容器・調整器・配管等)
・消費設備等の充実度(給湯機器・調理機器・空調機器等)
・施工時の難易度や費用の総額
・その他諸経費の総額   等

料金項目 料金(税抜) 項目の内容
基本料金 2,200円 容器・調整器・メータなどの設備費用や設備の維持管理、点検・調査に係る費用などを基に計算され、消費量の多少に関係なく固定的に発生します。
従量料金 0.1〜10.0㎥ 600円/㎥ LPガス原料価格や配送費用に基づき、
消費量に応じて計算されます。
10.1〜30.0㎥ 560円/㎥
30.1㎥〜 520円/㎥
  • 基本料金

    料金項目(税抜)
    2,200円
    項目の内容
    容器・調整器・メータなどの設備費用や設備の維持管理、点検・調査に係る費用などを基に計算され、消費量の多少に関係なく固定的に発生します。

  • 従量料金

    料金項目(税抜)
    0.1〜10.0㎥ → 600円/㎥
    10.1〜30.0㎥ → 560円/㎥
    30.1㎥〜 → 520円/㎥

    項目の内容
    LPガス原料価格や配送費用に基づき、消費量に応じて計算されます。

一部上記料金と異なる場合があります。

※サーンガス共和が所有・提供するガス機器等の消費設備や空調設備等の附帯設備・サービスがある場合、これらの設備・サービス利用料が料金に包括的(基本・従量料金)または個別的(従量料金のみ等)に含まれることがあります。

料金例:月間LPガス料金の算定方法(ご使用量10㎥の場合)

基本料金 従量料金 消費税(8%)
2,200円 600円×(10.0-0㎥)=
6,000円
656円
  • 基本料金
    2,200円
  • 従量料金
    600円×(10.1-0㎥)
    = 6,000円
  • 消費税(8%)
    656円

ガス料金

8,200円
[8,856円(税込)]

※平成30年1月検針分より、LPガス料金を改定致します。(詳しくはこちら)
上記の表は、改定後の料金です。

その他の主なガス料金

燃転冬季料金(一般家庭用期間限定料金)

灯油ボイラーや電気温水器等からガス給湯器に設備を変更され、サーンガス共和のLPガスをご利用のお客様に適用されます。
(適用期間:11月〜4月)※5月~10月は、従来通りの料金となります。

基本料金 + 従量料金 [単位料金] × [ガスご使用量] = ガス料金
ガス給湯器に変更がお得! 基本料金・従量料金がお安くなります!

エネファーム専用料金

エネファームをご使用のお客様に適用されます。

暖房専用料金

床暖房・ファンヒーター等をご使用のお客様に適用されます。

業務用・工業用ガス料金

LPガス原料価格の変動に応じて料金が決定する「原料費調整制度」を導入しております。
ご使用量が多い業務用・工業用等のお客様に適用されます。
(固定価格プランもあります。)

お客様にご負担いただく※初期費用や割引適用、想定使用量などによって料金が更に割安になります。
※コンロや給湯器などのガス機器代金や工事代金などお客様にご負担いただく費用のことです。
ガス機器のレンタル(貸付)の場合と比べてガス料金は割安となります。

適用料金の料金表は、供給開始時や料金プラン変更時にお渡しします。

原料価格の変動や経済情勢の変化などにより、基本料金や従量料金の価格改定が生じる場合は、
取引適正化ガイドラインに従い、文書などにより事前にお知らせいたします。

関連リンク

第三者機関である石油情報センターの価格調査で岡山県の平均価格が分かります。LPガス料金は自由料金であり、地域によっても異なります。

石油情報センター

お問い合わせはこちら

TEL:086-465-3000
FAX:086-465-6699
メールでのお問い合わせはこちら

無料お見積りサービス

サーンガス共和のガス供給をご検討のお客様へ無料お見積りサービス!
先ずは無料お見積りをご依頼ください!

メールでのお問い合わせはこちら
ご家庭のお客様
  • ガスの臭いがする ガス・お湯が出ない 火事、地震の場合
  • ガス料金について お支払い方法
  • 入居・引越時の手続き